Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

兄弟 vs 姉妹

f0017510_12512426.jpg


〔奥〕  「間宮兄弟」 江國香織著(2004年・小学館)
〔手前〕 「思いわずらうことなく愉しく生きよ」 江國香織著(2004年・光文社)

いずれも、わたしがまだ読んでいなかった江國香織作品(3冊)のうちの2冊です。
このたび図書館で借りることができましたので、早速読破しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・「間宮兄弟」

まもなく映画も上映されるということですが、
江國香織さんの作品としてはめずらしく、男性が主人公であること、
それも、ちっとも冴えない兄弟であること・・・などの理由で、
わたしとしては発売当初からなんとなく敬遠していた作品でした。

が、しかし。
今回読んでみたら、あれれ、すごく面白い!
江國さんの腕にかかれば、冴えない男性二人兄弟の
共同生活という設定も、ほんわかしてなんだかとてもイイカンジです。

そして、まわりの人々の兄弟を見る目と、
兄弟自身が自分たちを思うことのギャップが興味ぶかいところでした。

映画のキャスティングも、間宮兄弟の佐々木蔵之介さん&塚地武雄さんをはじめ、
かなり原作のイメージどおりの俳優さんで面白そう。
間宮兄弟のお母さん役が中島みゆきさんというのも、すごい!

映画化された江國作品はこれまで全て見ていて
今までハズレもなかったことですし、
この「間宮兄弟」もぜひ見てみたいな~と思いました。

・「思いわずらうことなく愉しく生きよ」

こちらはうってかわって、3姉妹が主人公のお話です。
結婚して専業主婦として暮らす長女、
恋人と同棲しながら、外資系の会社でバリバリ働く次女、
自動車教習所の事務をしながら、ひとり暮らしをする三女。

しかし、江國作品の主人公たちですから、
やはり3人それぞれ、一筋縄ではいかないわけで・・・。

そして、この本で一番印象的だったのは、長女夫婦の関係について。
ひらたくいえば、ドメスティックバイオレンス&共依存なふたり、なのです。

江國さんの作品で「神様のボート」という小説があって、
これについては作者自身が「狂気の物語」という形容をしているのですが(確か)、
わたしにとっては、今回の「思いわずらうことなく~」の長女夫妻についての
くだりのほうが、まさしく「狂気」だと感じました。
ほんとに怖かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで、江國作品でまだ読んでいないものは
「すきまのおともだちたち」を残すのみとなりました。
これもまた、図書館で借りてこようっと。
[PR]
by rick-rack | 2006-04-30 13:41 | 読書

ひよこまめ

f0017510_21415654.jpg

おともだちから、ひよこ豆(別名ガルバンゾ)の水煮をもらいました。

ひよこ豆は名前を聞いたことがある程度にしか知らなかったのですが、
「ゆでてあるから、そのままサラダにしたり、スープに入れたりして使えるよ」
と教えてもらいました。

写真は、「サラダほうれん草&新たまねぎのスライス&ひよこ豆のサラダ」
ひよこ豆自体が粒の大きい豆であることもあるのでしょうけれど、
ほくほくした食感で食べ応えもあり、とてもおいしい。
ほうれん草のデトックス作用と、たまねぎの血液サラサラ効果もあいまって、
なんだか食べるだけで元気になれそうなサラダです。

ひよこ豆には、抗酸化作用、貧血予防、整腸作用、美肌などの効果もあるとか。
調べてみると、カレーやペーストにしてもおいしく食べられるそうなので、
これから他の料理も試してみたいと思います。
[PR]
by rick-rack | 2006-04-29 21:43 | おいしいもの

三つ子のたましい

f0017510_21455039.jpg

サーティーワンの、チョコミントフレーバーのキャンディ。
この日、仕事帰りに立ち寄ったスーパーで見つけました。

わたしがアイスクリーム屋さんでコーンでアイスを買う時には、
ほぼ毎回、チョコミントフレーバーを選びます。

チョコミントを最初に知ったのは、小学校の1年生か2年生の頃。
当時とっても仲が良くて、よく一緒に遊んでいた友達一家と
一緒に出かけたときに、「これ、おいしいんだよ」と
教えてもらったのだったと思います。

チョコレートとミントの組み合わせが当時のわたしにはとても新鮮で。
しかも、このミントグリーンの色がすごく好きだったこともあり、
(もちろん味が好みだったのはいうまでもないのですが)
それからずーっとお気に入り。
たまに違う味に挑戦することもあるけれど、それでもやっぱり、
チョコミントは別格なのです。

また、ミスタードーナツでドーナツを食べるときには、
かならず「チョコレート」を選びます。

ドーナツを買うときには、イートインでもテイクアウトでも
たいてい複数個買うことが多いので、もちろん「チョコレート」しか
食べないというわけではないのですけれど。
でも、ぜったいはずせないのが「チョコレート」なんです。

これは、保育園に通っていた頃、なぜかその保育園では
お昼ごはんの主食だけを持参するという決まりがあって、
(おかずは保育園で用意してくれました)
たまに家にごはんがなかったときなのか、
今のようにコンビニがなかった時代に、
保育園へ向かう途中にあったミスタードーナツで
母が主食がわりにドーナツを持たせてくれたことが何度かあったのです。

その頃の記憶にあるのが、この「チョコレート」のドーナツ。
・・・今思えば、ゴハンのおかずには
恐ろしいほど合わない組み合わせなんですけど・・・。
保育園児だった自分には、そんなことより
「ちょこれーとあじのどーなつが、すき」ということのほうが
重要だったのでしょうね。

「三つ子の魂、百まで」といいますが、
わたしについては「サーティーワンのチョコミント」と
「ミスドのチョコレート」のふたつは、
これからも一生、好きなままなんだろうな~と思うフレーバーです。
[PR]
by rick-rack | 2006-04-28 23:48 | おいしいもの

マカロン ふたたび

f0017510_21213091.jpg


昨日、友達との約束の前に時間があったので、
デパ地下をしばらくウロウロしていました。
そこで見つけたのが、市ヶ谷の「シェ・シーマ」のマカロン。

今回は「カフェ(コーヒー)」「テ(抹茶)」「ショコラ」「シトロン」「フランボワーズ」「カシス」
の6種類を購入しました。
(注:「カシス」はともだちにあげたので、上の写真には写っていません)

この前食べた「ジェラール・ミュロ」に比べると、
色がやわらかなパステルカラーで、見た目がほんわかして可愛いです。
大きさはほとんど同じくらい。

そして、食べた感想ですが・・・。

こちらのマカロンは「サクッ ホロッ」とした食感で、とっても軽い!!
歯にくっつくようなしっとり感はありません。
そんなに咀嚼しなくても、すぐに食べられちゃいます。

味は「フランボワーズ」と「カフェ」をまず試したのですが、
どちらも香りよく、おいしい。
なんというか・・・安心して誰にでも勧められる味です。

こないだの「ジェラール~」のマカロンより、
わたしとしてはこの「シェ・シーマ」の方が好きですね。
軽い食感と、かわいらしい見た目、食べやすい味という点において。

「ジェラール~」は食感もしっかりしているし、
味もちょっと濃い目で、主張がしっかりある印象。
ですが、「シェ・シーマ」は食感・味のいずれも
とっつきやすいというか、くせがないというか。。。
マカロン初心者向けの商品という感じ。

・・・なーんて偉そうに書いちゃいましたが、
あくまでもわたし個人の感想ですので・・・お許しください。

今度はあちらこちらでとても評価の高い
「ピエール・エルメ」のマカロンを食べてみたいなぁ。
青山に路面店があるので、
近くにいく用事があれば寄ってみようと思います。

おまけ(くだらない話です)
[PR]
by rick-rack | 2006-04-27 21:43 | おいしいもの

5ヵ年計画

f0017510_20393984.jpg


昨日の夜は、おともだちとゴハンでした。

彼女に会うのは2ヶ月ぶり(2月に引越しを手伝ってくれた彼女)だったので、
お互いに会わない間の近況報告で、ついつい盛り上がり。
帰宅した時間も結構遅くなってしまいました。

そんな話のなかで、
彼女が最近、新しくジュエリーを購入した話をしていたときのこと。

「やっぱりダイヤのシンプルなものを揃えたいよね」
「もう私たちもいい大人だし、今度買うなら”トリロジー”が欲しいな」

などなど話しているうちにだんだん盛り上がり、

「じゃあ、今から月に5000円ずつ貯めて、5年後に”トリロジー”を買おう!!」
「5000円ずつならなんとかなるね!やってみようか!」

と、急遽「トリロジー購入 5ヵ年計画」が決定いたしました。

月に5000円ということは、年間6万円。
かける5年で、30万円たまる予定。

その後、ちょっとネットで調べたところ、
トリロジーといっても値段はピンキリのようです。
でも、ちゃんとしたお店(田崎真珠とか)でそれなりのものを
入手しようとすると、ペンダントでやはり30万円くらいはするみたい。

また、計画的に購入資金を貯めることも大切ですが、
30万円のジュエリーが似合うような素敵な大人を目指して
立ち振る舞い、言葉づかい、人格形成、体型維持・・・などなどの
あらゆる意味において、今から精進しておかなくては・・・とも思うのでした。

「過去・現在・未来」を表す、3ストーンダイヤモンド。
5年後の未来のわたしたちは、どんな大人になっているのでしょうね?
[PR]
by rick-rack | 2006-04-27 20:22

旬のお菓子といえば

f0017510_22134113.jpg

一度食べてみたいな~と思いつつ、
なかなか口にする機会のなかった 「マカロン」

正直に言ってしまえば、今ほど話題になっていなかった時期、
このカラフルな色と見た目(生地がふかふか・カスカスしてそう)のせいで
あえて食べたいとも思っていなかったのですが・・・。

近頃、ネット上でも沢山の方のブログなど
あちらこちらで取り上げられているので、
「そんなにおいしいものなのでしょうか・・・?」と、
にわかに興味が湧いてきたわけです。

で、どうせ食べるなら、評判のいいお店のものが食べたい。
せっかく東京にいるのだし、ね。

・・・とはいえ、平日の会社帰りに買うことを考えると、
いくら評判が良くても、青山や銀座の有名どころの路面店までは
足を伸ばすのは大変・・・。

などなどの都合を考慮して、結局、通勤路の新宿のデパートで買いました。
「ジェラール・ミュロ」というフランスはパリのお店のマカロン。
キャラメル、パッションバジル、マンダリン、マロン、ヌガーの
店頭にあった5種類を、各1個ずつお買い上げ。

「こわれやすいので、気をつけてお持ち帰りくださいね」と売り子さんに言われ、
ちょっぴりドキドキしながら人ごみを潜り抜け、帰宅しました。

夕食後に、紅茶を入れて、さっそくお味見。

歯ざわりは、外側がパリッ、でも内側はしっとりとしていて、ちょっと歯にくっつく感じ。
口のなかで溶けてなくなる、といった軽やかなものをイメージしていたのですが、
実際はしっとり部分に弾力(?)があって、意外と噛み応えがあります。
原料が「砂糖、卵白、アーモンドプードル、バター」ですからね。

味のほうは、キャラメルとパッションバジルのふたつを試したのですが、
キャラメルはカラメルの香ばしい味がして、普通に美味しいです。
予定調和なお味。

で、パッションバジル・・・食べる前には「どんなもんぞや?」と思ったのですが、
バジルのいい香りがして、バジルとパッションフルーツの組み合わせが
意外においしい!
スイーツというよりは、イタリアンのお料理のひとつのよう。
甘いものが苦手な方でも、抵抗なく食べられそうでした。

今回食べた「ジェラール・ミュロ」、なかなか美味しかったと思うのですが、
別のお店のものと比較してみないと、まだまだマカロンは語れませんよね。
次はどこのお店のものを試してみようかな?
[PR]
by rick-rack | 2006-04-25 22:40 | おいしいもの

隠れた名物

f0017510_22222399.jpg

写真の右側に写っているつぶつぶは、旭川名物「旭豆」

明治時代につくられたお菓子で、炒り大豆にてん菜糖をコーティングしたもの。
砂糖のやさしい甘さと、大豆の香ばしさが意外と相性良くまとまっており、
素朴で飽きない味です。
お茶請けにつまむと、ぽりぽり、ぽりぽり・・・とすぐに食べきってしまいます。

旭川名物というだけあって
北海道内のお土産屋さんでは大抵売られていますが、
パッケージの地味さ加減や、職場で配るには形状がちょっと不適切
(個包装されていないという意味で)なので、東京へのお土産用には
買ったことはありません。

写真のものは、少し前に都内(交通会館にある道産子プラザ)で自分用に買ったもの。
実家にいた頃、よく食べた・・・というほどではないのですが、
ときどき妙に懐かしくなって、食べたくなるお菓子です。

そして、横のカップに入っているお茶は丸八製茶場の「加賀棒茶」
石川県加賀市の会社が作っている「茎のほうじ茶」です。
2年ほど前、とある雑誌で紹介されていたのがきっかけで知りました。

香りがとってもよくて、でも決して主張しすぎない。
お茶請けともけんかしない、上品な味。
ほうじ茶を飲んで、「うわ、これは今までのお茶とは違う!」と
おもったのは、これが初めてじゃないかな。
そのくらい、気に入っているお茶なのです。
[PR]
by rick-rack | 2006-04-24 22:44 | おいしいもの

咳・せき・セキ

気がつけば、結構な日にち更新をさぼっていました。

主な理由は仕事が夜まで続いていたり、
約束があったりして時間がとれなかったという物理的なこと、
それに付随して、仕事によるストレスで気持ちが疲れてしまっていたりした
精神的なこと、などがあげられます。

が、これらのことは今週末で仕事が落ち着いてしまえば
解決できると思われるので、もう少しの我慢。

それより今、問題なのは・・・。

のどの痛み&咳

なんです。

数日前から「のどが痛いな~」とは思っていたのですが、
仕事でもプライベートでも、いつもより人と会う時間が長い日々が続いたので
しゃべりすぎたせいだと思っていたのです。

あとはお酒を飲む機会が多かったから、というのも考えられるのですが、
そういった理由での炎症なら、1日おとなしくしていれば大抵は治るもの。
と、たかを括っていたのですが・・・。
昨日は昼間から特に咳がひどくて、夜にはベッドに入っても
咳がひどくてなかなか眠れない始末。
息をするだけでのどがちくちく、ひりひりして、苦しい。
のど飴をなめて、だましだまし眠りにつきましたが、
今日もまだ、のどが痛くて苦しいです。咳もでるし。

昨日会った友達もひどく咳き込んでいたのですが、
ふたりとも、咳以外には風邪の症状もないし、
咳がひどくなったのがこの2~3日の間の話というタイミングも一緒。

ここ数日といえば、中国からの黄砂が話題になっていたのも
この1週間くらいの話だったような・・・。
黄砂はいろんな化学物質も同時に日本に運んでくるようですし、
ひとによってはアレルギー反応がでるとか、でないとか。

この咳の苦しさは、黄砂のせいもあるのかな・・・。
なんにしろ、早く治まって欲しいものです。
[PR]
by rick-rack | 2006-04-23 20:26 | ひとりごと

今日は休肝日。

f0017510_23142359.jpg

昨夜は以前一緒に仕事をしていた方と、前々からの約束で食事に出かけていました。

そこはウチの近所にあるイタリアンのお店で、はじめて前を通ったときから
その洗練された佇まいがとても気になっていました。
ネットで調べてみたところ、やはりなかなかの評判のお店のよう。
機会があれば行ってみたいな、と引っ越してからずっと思い続けて、
やっと昨日、おじゃますることができました。

久々に会ったふたりなので、おしゃべりも忙しく、
そしてお料理もとても美味しくてペロリと食べてしまったので
写真が一枚もないのですが・・・でも本当に行ってよかったです。
お店のスタッフも皆さんとても感じがよく、サービスも丁寧でした。

お店の名前はここでは控えさせていただきますが、
もし遠方からどなたかがいらっしゃることがありましたら、
是非ご案内したいお店です。

で・・・・・・・・。例によって、お酒も楽しんできてしまったので、
今日はさすがに休肝日。
でも、昨日はおなかがいっぱいでデザートを食べることができなかったので、
その雪辱を晴らすべく、帰りにケーキを買ってきました。

写真はきんかんのタルト。
きんかんの香りもさわやかで、下のタルト部分も歯ざわりがさくっとしており、
とても美味しかったです。

明日からは、仕事で帰りが遅くなる予定。
GWまであとすこし、がんばらないと!
[PR]
by rick-rack | 2006-04-18 23:27 | おいしいもの

すばらしき図書館ライフ

f0017510_2235156.jpg

友人のしみちゃんは、普段から図書館のかなりのヘビーユーザーだそうです。

わたしも引越す前のエリアでは近くに図書館があったので
たまに利用することもあったのですが、
「読みたい本を図書館で捜して読む」というよりは
「お金がなくて本を新しく買えないときの代行措置」
もしくは「買ってまでは読まないけれど、興味のある本」を読むための場所でした。

しかし、彼女から最近の話を聞くと、今は都内の図書館では
HPから蔵書検索ができ、しかも貸し出し予約も自宅PCから出来てしまうとか。
それは便利そう!

そして、わたしはそれまで会社の近くの図書館を利用するという発想がなかったのですが、
彼女は職場近くの図書館からよく本を借りるとか。
早速調べてみると、わたしの会社と駅とのあいだの通勤路にあったのです。
区で運営している公共図書館が、すぐ近くに!

これは行かなきゃ、と会社帰りに立ち寄り、貸し出しカードを発行してもらったのが
2週間ほど前のことでした。
読みたい本はHPで事前に予約をしておけば取り置きしてくれるし、
そこの図書館になくても、同一区内の図書館にある本ならば取り寄せてくれます。

そんな便利な使い方のおかげで、わたしが子供の頃大好きだったけれど
今は絶版で手に入らない絵本(「みてるよみてる」)に再会することができました。
店頭では現在まず入手不可能な絵本なので、自分のものにならなくても
こうして図書館で再会できるなんて、すばらしい~♪♪

・・・でもね、やっぱり読んでいると、自分の手もとにずっと置いておきたくなって、
かえって切なくなってきちゃいました。
復刊してくれないかな~。ほんとに・・・。
f0017510_22242018.jpgf0017510_22243967.jpg
[PR]
by rick-rack | 2006-04-18 22:30 | 読書
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧