Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

最近読んだ本~2006年1月後半・2月

このひと月ほどは、引越し騒動でゆっくりと本を読む気分ではありませんでした。
そんな中で読んだもの数冊・・・。

・「トニー流 幸せを栽培する方法」トニー・ラズロ著(ソフトバンク クリエイティブ・2005年)

またしても「ダーリンは外国人」関連ですが、
お友達のkippyieさんが読んで面白かったということで、わたしもトライしてみました。
幸せを栽培する・・・そんなことができるの?と思ってしまいがちなひねくれ者のわたしですが、
栽培という言葉はともかくとして、普段の自分の行動や心がけで得られる心の平安や喜びを
幸せというならば、それを得るためのヒントになりうる本かもしれません。
トニーさんが子供のころにお母さまによく言われた
「『嫌い』という言葉を使ってはいけない」という教えが印象的でした。

・「1リットルの涙~難病と戦い続ける少女 亜也の日記」木藤亜也著(幻冬舎文庫・2005年)

中学生のときに難病に侵され、治ることの無いまま20代の若さでこの世を去った
木藤亜也さんの日記をまとめたものです。これもkimiyoさんが読んだという話を伺って、
興味を持ちました。
罹病したことによって、彼女の生活は一転します。
病状が進むにつれて身体を自分の意思で動かすことがままならない状態になる。
それまで何の気なしに過ごしてきた社会生活を送ることが困難になり、
将来への希望を持つことも難しい。
そんな中でも亜也さんは周りにあたるでもなく、けなげに明るく頑張るのですが・・・。
日記の中にある「どうして病気は自分を選んだの?」の言葉が苦しく、切ないです。

・「神はサイコロを振らない」大石英司著(中公文庫・2005年)

今現在日本テレビ系列で放送されているドラマの原作。
(とはいっても、ドラマについては原作と大元の設定は同じでも、
登場人物からしてかなり手を加えられているようなので、
まったくの別のお話だと思っても良いかもしれません)
10年前に事故で消えたはずの飛行機が、
死んだはずの乗員乗客を全員乗せて現代の世界に戻ってくるというお話。
乗客にとっては飛行機を降りたら突然世界が10年進んだということになり、
まわりの現代社会の人間にとっては10年前の姿のままで
死んだはずの人間が戻ってくるという・・・おおよそ現実味のない設定なのですが、
あまりしらけることもなく、むしろ最後まで人間ドラマとして
ぐんぐん読み進めることができたのは作家の力量なんでしょうね。
今回初めて読んだけど、大石さん、やるなぁ。

そして今買ったまま待機している本は「かもめ食堂」(群ようこ著)。
3月公開予定の同名の映画の原作です。
この映画、キャストが小林聡美、もたいまさこ、片桐はいり。。。というところで
もう気になってしょうがない!なぜか舞台はフィンランドだし。
映画と小説、どちらを先に見る(読む)べきか、いまだに迷っています・・・。
[PR]
by rick-rack | 2006-02-28 16:00 | 読書

引き取りました。

先日の記事で紹介したヤマザキの最高級食パン「ゴールドソフト」。
ついに2月24日(金)に入手いたしました。

会社を退社後、予め指定していたヤマザキデイリーストア(コンビニ)へ。
レジで「予約していたパンを引き取りに来たのですが。」とアルバイトの女性に伝えると、
「少々お待ちください」とおもむろに内線電話をプッシュ。
・・・なんと、わざわざ店長自らがパンを手にバックヤードから現れたのでした。
そこで手渡されたパンは・・・とにかく「重い」。ずっしりです。パンとは思えない重量感。

3斤もあれば当然かもしれませんが・・・箱入りというのがまた持ちにくいし。
しかもこの日の東京は雨。傘と通勤用のバッグとこの箱・・・正直、かなり持ちにくくて
家にたどり着くまでまるで拷問でした(大げさ?)。

その日は夕食を食べたらもうお腹がいっぱいになってしまったので、
とりあえず翌朝を待ち、開封。
f0017510_15454568.jpg
まず箱を開けてみると・・・切れ目の入っていない3斤分の食パンを初めて買いましたが、
重さといい大きさといい、かなりの迫力です。
とりあえず1食分ずつに切ってから冷凍保存しなければ、と思ったら、
箱の底には丁寧に1斤分ずつ入る保存袋が3枚入っていました。親切ですね。
また、今ちょうど「ヤマザキ 春のパン祭り」が開催中なのですが、
その点数シールも入っていました。18点分。数年ぶりに集めてお皿を貰ってみようかな?
f0017510_15467100.jpg
f0017510_15475931.jpg
で、肝心の味のほうは・・・。
ホームページには「焼く前に食べて、パンそのままのおいしさを味わってください」と
あったような気がしたので、まず焼く前に何もつけず食べてみました。
確かにバターと生クリームと卵が多いんだろうなぁ・・・食パンなのに、キメが細かいというか、
しっかり食べ応えのある感じ。味も濃い。
そして翌日はトーストして何もつけずに食べてみたのですが、こちらの方が心なしか
歯ごたえが軽く感じて、バターの風味も強く、わたし好みでした。

1500円で月に一度の予約販売、というこの「ヤマザキ ゴールドソフト」。
確かにその売り文句にかなうだけのパンであると思いました。

最後に・・・(つづきです)
[PR]
by rick-rack | 2006-02-27 15:50 | おいしいもの

喜んでいいのかな?

昨日の帰り道。

駅から自宅までの道のりには商店街が長く続いています。
スーパーのように何でも一ヶ所で揃うという便利さこそないけれど、
小さな商店がいくつもある風景は活気があってなかなかいい感じです。

そのうちの、とあるお肉屋さんに寄ったときのこと。
今はなつかしい対面式の販売で、
「鳥のモモ肉1枚くださーい」などとお願いして包んでもらったあとに
お店の方(おっちゃん)に言われたひとこと。

「若いのにちゃんと料理するなんて、えらいねぇ~」

・・・ええと・・・。
この年でそんなことを言われても・・・。
ここを読んでくださっている方には実年齢をご存知の方が多いので
分かっていただけると思うのですが・・・。

フクザツ・・・・。

結婚指輪をしていないから、主婦ではないことはわかったんでしょうけれど。
それにしてもなぁ。。。
会社帰りだからちゃんとお化粧だってしていたし、
そんなに若者ぶった服装をしているわけでもないんですけど(むしろ地味)。。。

思わず、「・・・ははは」と答える顔が不自然に引きつってしまいましたよ。
とほほ。
[PR]
by rick-rack | 2006-02-22 15:03 | ひとりごと

引越しして思うこと。

転居してまだ3日しか経過していませんが、
現時点での心境として思うこと。

よかったことは…

◇暖かい(以前の部屋が寒すぎた?実はエアコンの取り付けがおかしかったらしいと外す段になって言われた。確かに効きが悪いとは思っていたけれど、古いせいだけではなかったのね・・・。今の部屋はエアコンがついていて新しいものなので、静かで暖かく、快適。もっとも、ここでいう「暖かい」とはエアコンの有無に関わらず室温が以前の部屋より暖かいというのもあります。木造なのは一緒なのに。)
◇静か(以前も今も住宅地なのですが、以前は道路を挟んですぐの場所に小学校があったので、休日もサッカーの練習などの声がにぎやかでした。今は完全に静か。この辺は小さな子供が少ないんだろうね。ほとんど見かけない。)
◇独立洗面台(今まで1人暮らしをしていた部屋には一度もなかった。しかし、今までのクセでつい歯みがきやコンタクトレンズの取り外しをキッチンのシンクでやりそうになるのが悲しい。)
◇洗濯機置き場が室内(今まではベランダ)
◇お風呂が広い(広いといっても普通の家庭用くらいですが、以前は一応バストイレ別なものの、洗い場が狭く、湯船も五右衛門風呂なみに狭かった)
◇インターホン(これも今までの部屋にはついていなかったので、チャイムを鳴らされてもつい直接玄関に走ってしまうのが情けない)
◇部屋が広い(ダンボールがいっぱい転がっていても、布団の収納場所がなくて山積みになっていても、とりあえず生活するには困らない程度の空間が確保できる)
◇電気のアンペアが30A(エアコンと電子レンジを同時に使っても平気)
◇通勤時間が短縮された(距離的に都心に近づいたので、電車に乗っている時間が短くなった)

一方、ネガティブな点は…

◆買物(スーパーが帰り道沿いにはないので。駅から少し逆方向に歩く必要あり)
◆トイレ(便座が以前は暖房つきだったのだが、今はふつうのタイプ)
◆収納(以前の押入れ1間分にくらべると奥行きがないので、収納ケースや布団が収まらない)
◆キッチンに窓がない(朝から照明をつけるのがちょっともったいない)
◆静か過ぎて物音に気を使う(まわりの部屋の音も聞こえないので、案外響かないのかもしれないけれど、建物に対して居住者数が少ないのでうるさくするとすぐにバレそう?)
◆家賃が高い(仕方ないけどね)

現時点での感想は、このような感じです。
もちろん圧倒的にポジティブな要素が多いのですが、
なんだか今の時点では「わたしにはもったいない?」と思ってしまう始末。
今までの暮らしぶりで、すっかり不便にならされていたことが恐ろしくもあり、
悲しくもあり・・・。

とはいえ、そのうちすぐに便利さにも慣れてしまうんでしょうけどね。
[PR]
by rick-rack | 2006-02-21 15:40

引っ越しました。

先日の土曜日、無事引越しが完了いたしました。

前日金曜の夜から、友人が泊まりで手伝いに来てくれました。
もう、彼女の働きなしには今回の引越しは成り立たないほどの活躍ぶり。すてき。

それでも、土曜の午後に引越しのトラックが来るまで、
ほとんど行き着く暇のないほどの忙しさで荷造りと掃除をする始末。。。
(もちろん金曜の夜はちゃんと寝ましたが)

大げさではなく、手伝ってくれた友人には、もう一生頭があがりません。
ほんとにありがとうね~~~(;;)

引越し業者のあ○さんも、さわやかな若者ふたりで
着々と作業をこなしていきました。
今までの引越しでわたしが頼んだ業者は小さなところばかりだったのですが、
働きぶりと対応の良さに、「さすが大手は違うわ~」と感心しましたよ。

荷物が予想以上にふくらんだせいで、
トラックの助手席まではみ出てしまったことは本当に申し訳ない・・・。
あと、積む作業まではふたりだったのに、
なぜか降ろすときには人数がふたりから5人(!)に増えていたのには驚きました。
きっとそうしないと、次の現場に間に合わなかったんだろうな・・・。

しかし、嫌な顔ひとつせず、もちろん追加料金もナシで
終始さわやかに作業していただき、本当に感謝感謝。

移動は皆様のおかげで無事に終ったので、あとは荷物の片付け作業のみ・・・。
が・・・すでに引越し翌日の日曜から、体のあちこちが痛くてたまりません・・・。
(もうもう、本気でこれからはモノを減らすことを心に誓いましたよ!)

そんなこんなで、ダンボールが部屋から消える日はまだまだ先になりそうです。。。
[PR]
by rick-rack | 2006-02-20 17:17

いよいよです。

いよいよ明日には引越しです。
今日は友達が手伝いに来てくれたので、大分準備が整いました。
あとは明日の午前中に最終的に片付けるのみ・・・。

ネットの環境が整うまでにしばらく時間がかかりそうなので、
自宅からのブログ更新はしばらくお休みです。
会社(?!)か携帯から、ぼちぼち更新予定なので、
これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

では、明日の引越しがんばりま~す!
[PR]
by rick-rack | 2006-02-18 01:30

どんな味・・・?

チャンスは月1回! ヤマザキの超高級食パン | Excite エキサイト

情けない気もしますが、「限定モノ」とか「今だけ!」などのあおり文句に弱いです。
そしてパンは食パンなどのシンプルなパンがすき。
そんなわたしの志向(嗜好?)にずばりきてしまったのが、この記事。

山崎製パンといえば、一般的にスーパーやコンビニで販売されている、
いたって大衆的なパンメーカー。
いくら食パンがすきなわたしでも、普段は特別気に掛けるようなメーカーでは・・・ないような。
しかし、「月に1度の予約販売で、しかも超高級食パン」といわれれば、
これは黙っていられません。

1500円という食パンとは思えない値段も、
大きさが3斤(!!)という全く一人暮らし向きではない量も、
わたしの好奇心に待ったをかけることは出来ませんでした。

・・・そう、実は早速注文済みなんです・・・

受け取りは来週の24日。
現物を手にした際には、早速レポートさせていただきますっ!
あー、楽しみ♪
[PR]
by rick-rack | 2006-02-17 00:22 | おいしいもの

春の予感

今日の関東地方は、異様なまでの暖かさでした。
東京の都心では、昼間に20度ちかくにまで気温が上がったとか・・・。

さすがに会社帰りの時間帯にはそこまでの温度はなかったと思うのですが、
それでもウールのコートでは暑いくらいで、電車の中はちょっと辛かった・・・。

それでも、風ぬるむ・・・というか、まるで春がきたような空気は悪くないものですね。

久しぶりに立ち寄った紅茶屋さんの「LUPICIA」では、ちょうど春のフレーバーの
「サクラ」が発売されたばかりでした。
f0017510_23491027.jpg


紅茶に桜の葉がブレンドしてあるもので、いわゆる「桜餅の香り」がします。
とってもいい香りで、味もくせがなく、飲みやすい。
ここの紅茶は袋売りと缶入りのものが選べるのですが、
缶は可愛いのだけれど、ちょっとだけ高いので(笑)たいてい袋売りで買います。

このほかにも、緑茶に桜の葉がブレンドされた「サクラ・ヴェール」、
ほうじ茶のブレンドの「さくら焙じ茶」のシリーズがあり。
緑茶の「サクラ・ヴェール」も以前試したことがあるのですが、
なかなかおいしいお茶でした。 

桜の季節までは、あと一ヶ月半といったところでしょうか。
今から待ち遠しいです。
f0017510_23574528.jpg
f0017510_23575320.jpg

[PR]
by rick-rack | 2006-02-15 23:52 | おいしいもの

やっと・・・!

「佐藤、井出との契約を発表 F1のアグリ新チーム」 Excite エキサイト : スポーツニュース

やっと、やーっと・・・スーパーアグリからドライバーの正式発表がありました!
ドライバーは佐藤琢磨&井出有治の日本人コンビ。

琢磨さんの契約は疑ってはいなかったけれど、
それでもはやく正式に契約した上で一日も早く表立って活動して欲しかったので、
本当にホッとしました。

井出くんは。。。去年Fポンを見るようになってから初めて彼を知ったのですが、
去年に関していえばFポンはインパルで活躍していましたし、
なんといってもルックスのよさがあるので華やかな印象。
琢磨さんと井出君のイケメン効果で、女性のF1ファンが増える・・・?(笑)

なんにしろ、今年は苦しいシーズンになるかもしれませんが、
未知数が多いだけに何が起こるかわかりませんし(笑)
楽しみながら応援していきたいと思います。
[PR]
by rick-rack | 2006-02-15 20:11

海外に行かれる方、いらっしゃいませんか?

f0017510_22251881.jpg

tictac(ミントタブレット)

去年のゴールデンウィークに、オーストラリアはケアンズへ遊びに行きました。

現地でオプショナルツアーに申し込んで、熱帯雨林ツアーや乗馬、
熱気球など、主にアウトドアを堪能。
あとは、やはり海外旅行といえば買い物!

とはいっても、ブランドものではありません。
現地のスーパーマーケットやドラッグストア(のようなところ)で
チープなものをごそごそと買い込むのが楽しい。

滞在最終日にはAUS$をいざ使い切らん!と、
スーパーでこまごまとお菓子などをセレクト。
そのときになんということなく選んだミントタブレットのなかのひとつが、
この”tictac”でした。

実は存在をしばらく忘れていたのですが、数ヶ月前に発見。。。
食べてみたら、これ、かなりおいしい!
ミントタブレットなのですが、バニラの香りがして、ミント味もきつくありません。

日本でも輸入雑貨店などで買えるのかと思い調べたところ、
数年前に一時期発売されたこともあるらしいのですが、
今は日本国内では入手できないらしい。

もともとイタリアの会社(ferrero社)のお菓子なのですが、
欧米諸国ではわりとフツーにキヨスクなどで売られているらしいです。
どなたか海外にいかれた折には、ぜひぜひ、おみやげにお願いします♪
(お代はもちろんお支払いしますので・・・、Kさん、次回帰国時にはよろぴく^^)

注:これ、いくつかフレーバーがあるのですが、 「バニラの香り」は”ペパーミント”味だけです。
  もうひとつ買った”スペアミント”味は、あんまりおいしくなかった・・・><
[PR]
by rick-rack | 2006-02-14 22:45 | おいしいもの
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧