Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:結婚準備( 12 )

お祝いの品

結婚祝いとして頂いた品々。(新郎くんとわたしの二人分あわせて)


・クリスマスツリー

・マグカップ(ペア)

・箸おき

・ミルクパン

・生花のリース

・ル クルーゼ ココット・ロンド(22センチ)

・加湿器

・写真たて

・本

・掃除機

・ヴーヴ クリコ

・花束

・電報(ぬいぐるみ・プリザーブドフラワー)

・リングピロー

・ホットサンドメーカー

・ホットプレート


覚え書きとして書いてみたけど、こうして並べてみるとすごいですね。。。
ありがたや。
[PR]
by rick-rack | 2009-11-17 14:11 | 結婚準備

結婚式が終わりました。

11月7日、土曜日。
およそ9ヶ月前から準備してきた結婚式が終わりました。



いま振り返っても、長く苦しかった準備期間でした。

「一生に一度の結婚式、準備期間も楽しまなきゃ!」と思いつつも、
腰の重い新郎くんにイライラすることも多く・・・・。
また、家族の意見やお金のこと、新郎との価値観の違いなどで
決めるものもなかなか決まらなかったりして。

そんな中で、新郎くんとケンカしたこともたびたび。
式直前の一ヶ月は忙しさもピークだったこともあり、
なにかと精神的にきつい一ヶ月でした。



そんな中で迎えた結婚式当日は・・・

天気は快晴。
気温も数日前に雪が降ったとは思えないくらい、暖か。
新型インフルエンザが猛威を振るう中、ほとんどの方が予定通り出席してくれて。

ホテルの担当さんや会場スタッフのみなさん、カメラマンさん、ヘアメイクの先生、
準備に協力してくれた友達、家族などたくさんのみなさんのお力添えによって、
とても楽しく、幸せな時間を過ごすことができました。



新婚旅行はまだ先なので結婚式後はすぐに日常生活がはじまりましたが、
新郎くんとも、式が終わる前より絆が深まったような・・・。
仕事でも趣味でもそうだけど、たいへんな苦労を一緒に乗り越えたという経験は
お互いの距離を縮めるきっかけとなるものですね。

入籍は既に済んでいたけれど、結婚式が終わってやっと
「ほんとに結婚したんだなぁ。夫婦になったんだなぁ。」と実感できた気がします。
[PR]
by rick-rack | 2009-11-16 15:42 | 結婚準備

花嫁ビューティー

結婚が決まってドレス選びに初めて行ったときから、
心に決めたのが、まず「ダイエット」でした。
特に二の腕と背中!!

ドレス姿は普段あまり表に出ない、腕やデコルテ、背中が丸見えなんですよね~。。。
背中は鏡でよく見てみると、首から背中にかけてなんだか色むらがあるし。
二の腕が太いのは知っていたけど、ドレスを着ると本当にそれが強調されるし。
もうもう・・・どうにかしなくちゃ!!

というわけで、あれから二ヶ月。
二の腕にはお風呂上りに引き締め用のジェルを塗ってマッサージ。
また、毎日ダンベルを使ってエクササイズをし、
暇さえあれば腕の付け根をリンパマッサージしています。

背中のほうも、背中用のボディローションをお風呂上りにつけたり、
簡単なストレッチを普段から行うようにしたり。

その結果、先日4月末に行ったドレスの試着では、
「あれ、なんとなく前回より腕の太さが気にならないかも??」
「ドレスを着てみたときの締め付けが気にならない!全然平気!」
という状態になりました。
体重はそれほど落ちていないけれど、地道に続けた効果はあったようです(^^)v
これからもがんばります♪


そして、これから取り組もうと思っているのが「フェイスケア」。
三十路の花嫁としては、どうしても気になる部分であります。

とりあえず先月から、
母が「薬屋さんに勧められたの~」と購入したコラーゲンドリンクを試しています。
これがまた、期待よりもいい仕事をしてくれる!!
飲み始めてから、前より肌がもちもちしてきたような気がします。
乾燥も以前より気にならないし。
やっぱりある程度の年齢になると、こういうケアも必要なんだな~と実感しました。

あと挑戦したいのが「イオンスチーマー」。
顔に温かいスチームを当てて、ケアするという機械です。
昔から販売されていて、わたしが20代のころも30代の先輩が使っていたのを
知っていましたが、当時はそれほど必要性を感じなかったんですよね・・・。
でも、自分も三十路になって、乾燥やらなにやら心配なことも増えてきたし。。。
試すなら今なのでは?!という気持ちになりました。

ネットでなら結構値段も下がってきているので(といってもかなり勇気がいったけど)
通販で購入を決めました。
どうか効果がありますように・・・☆
[PR]
by rick-rack | 2009-05-05 23:28 | 結婚準備

あと200日

今日から挙式予定日まで、あと200日となりました。

エンゲージリングを買ったあとに進めたことは

・結納の会場と時間を決めた

・2回目の衣裳選びに行った

のふたつです。

結納の会場は兄が働くホテルに決定。
身内がいるとなにかと安心だし。

衣裳選びは、今回は平日に家族と一緒に行きました。
彼はナシで。。。
でも、母親のほうがイロイロと意見を出してくれるので、よかったです。
前回の衣裳選びでブルーになったカクテルドレスの試着も、
今回は母と担当の衣裳さんに相談しながらじっくり選べたので楽しくできたし♪
一気にテンションUP!

彼氏さんはこの時期仕事が忙しかったこともあったし、
先週は彼の誕生日もあって楽しく過ごしたかったので、
しばらく私のほうからは結婚の話は出さないようにしていました。

そしたら、この前の週末。
珍しく彼氏さんのほうから
「旅行はどこがいいかな~?」
「(結婚)指輪もどこ(のお店)がいい?」
など言ってくれて・・・。
突然のことだったのでちょっとびっくりしましたが、
準備を進めてくれる気持ちがあることがわかって嬉しかったです。
(普段あまり積極的に結婚準備の話をしないので・・・)

あと200日、なるべくお互い気持ちよく準備を進められるように頑張ります!
[PR]
by rick-rack | 2009-04-21 22:30 | 結婚準備

エンゲージリング

こないだの週末。
土曜日に用事を済ませてお茶をしていたときに、彼から突然、

「そろそろ指輪買わなきゃね~」の一言が。

実はまだもらっていなかったんですよね。エンゲージ。

6月の始めに結納を予定しているので、それまでには必要だよな~と思っていたわたし。
でも、買っていただくものですし(もらう約束だけは前からしていた)、
自分からは催促できなくて。
やっと向こうから言ってもらえて、正直「ほっ!」という気持ち(笑)

で、早速そのあとお店に行ってみました。

はじめは「今日はとりあえず下見だけね~」というつもりだったのですが、
実際に行ったお店がデパートではなく専門店だったこともあり、
延々2時間以上もお話を伺うことに・・・。

デザインも気に入ったし、値段も予算どおりだったこともあって
話の流れで、うっかりそのままその日に買いそうになったんですが、
やはりまだ一軒目ですし、今日買うつもりじゃなかったから心の準備もなかったし・・・。
結局その日は買わずにお店を出て、帰りにちらっとデパートの宝石売り場をみて帰宅。

帰宅後、ゼクシィの宝石店の広告を母とみながら、あーでもない、こーでもない、
やっぱり今日のお店で見たやつが一番よかったかな~と思い・・・。

結局、翌日に一軒目のお店を再訪し、前日に見ていたリングに決めてしまいました。

プラチナの台にダイヤという王道の組み合わせですが、

爪の部分が6つではなく4つだったり、
両脇に小さいダイヤが添えられていたり、
引っかかりにくいように石の部分の高さが低めだったり
台の部分も直線ではなく、すこしS字っぽくなっていたり、

と、自分なりにこだわって選ばせていただきました。
メインのダイヤは決して大きくはない(彼氏さまゴメンね)けど、
上品で普段使いしやすそう、という意味ではかえってよかったかも?

台の部分とダイヤを選んで作るセミオーダーなので
受け取りまで少し時間がかかりますが、
実物を早く自分の指にはめたいです☆
[PR]
by rick-rack | 2009-04-06 22:49 | 結婚準備

マリッジブルー

3月は毎週末、月末に予定されていた趣味の合唱の発表会のための練習で忙しく、
1回目の衣裳探しのあとはしばらく結婚準備はお休みしていました。

そのあいだ。

1年半働いた仕事を退職したり、
仕事をやめた脱力感や、暇になって時間ができたからか、




・・・精神的に不安定になることが多くなっていました。
まさに「マリッジブルー」というものだったのでしょう。


思えば、2月末に自分の車を手放したところから、
結婚に対する不安が具体的に膨らんできた気がします。

結婚後は彼ひとりの収入になるため車2台の維持は難しく、
わたしの車は手放さざるを得なかったのですが、
(ちょっとした事情があって、2月に手放すのがいちばんベストだったんですけど)
実際には一緒に暮らし始めるまであと数ヶ月実家にいるわけで。

その間、いままで落ち込んだときに行ってたドライブができなくなったり、
お気に入りの喫茶店(車じゃないと行けない)に行けない・・・ということで
なんだか急に自由を奪われたというか、独身の気ままさが失われたというか。。。


そこから一度ブルーになったとたん、
ほかにもイロイロなことが気になりだしてしまったんですよね。


車や、仕事や、札幌での暮らしや、実家の猫など、
今現在身の回りにあるいろいろなものを全て手放しての結婚。
結婚したら友達と遊びに出かけるにしても、
「でかけてもいい?」と相手にお伺いを立てなければならなかったり、
買い物ひとつするにしても、自分で働いた収入じゃないぶん、
どこか遠慮しなければならないような気がして。。。。


だいじょうぶかな?
わたし、本当にやっていけるんだろうか?


今更ですが、かなり悩み、イライラしてしまいました。
そして、彼にもこのブルーな気持ちを隠しきれず、八つ当たりする始末 (-_-;)

具体的な不安や不満は言えなかったけど(だってあまりに私のワガママだし。)
マリッジブルーみたい・・・ということは伝えました。
それに対する「だいじょうぶ。ちゃんと大事にするから」と言ってくれた彼の言葉で、
少しラクになれたような気がします。

「せっかくの婚約時代なんだから、もっと楽しまなきゃ!」という友達の台詞に
なんだか新鮮な気持ちになったり(笑)
そうだよね~。今はもっと浮かれてていい時期なんだよね~。

今日から4月。
春になったことですし、もっと気楽にいきたいなぁー。
[PR]
by rick-rack | 2009-04-01 16:49 | 結婚準備

初☆衣裳選び

本日、初めて衣裳選びに行ってきた。

当初の予定では

・挙式:ウェディングドレス(白)
・披露宴(入場):ウェディングドレス(白)
・披露宴(お色直し):振袖

のつもりでいた。

・・・・だが・・・・

式の進行の都合を考えると、どうやらお色直しで和装は
いろいろと都合が悪いということで・・・。
(着替えの時間やキャンドルサービスなど)

とりあえず今朝の段階では、

・挙式:ウェディングドレス(白)
・披露宴(入場):和装(色打ち掛け or 引き振袖)
・披露宴(お色直し):カクテルドレス(カラー)

ということに予定を変更。
よって、本日試着する衣裳も3パターンになった。

で、何着か試着させて頂いたのだけれど。。。。

やっぱり、前から「絶対着たい!!」と思っていた和装は
試着していても楽しい ヽ(^o^)丿
「あ~、これもいいけど、さっきのもよかったなぁ・・・」と、ワクワク。

だがしかし。
当初全く着る予定がなかったカラードレスは、
実際に着てみても、う~ん・・・という感じ。

まあ、ちょっと最近体重調節をなまけていたせいもあるのかもしれないけど(^_^;)
(彼にも「やせなきゃね~」と繰り返される始末・・・。くやしい)

やっぱり露出が少ない分、和装のほうが着ていて気分的にラクというのもあるのかも。
それにしても、ドレスが似合わないなぁ・・・。凹む。

いっそのこと、披露宴は和装(色打ち掛け)&和装(振袖)でいこうかと悩んでおります。。。
もちろん、衣裳の予算が許せば・・・ですけれど。
[PR]
by rick-rack | 2009-03-08 22:11 | 結婚準備

恋愛と結婚のちがい

「恋愛と結婚は別」なんて言葉があるけれど、
このたび結婚することが決まって、
この言葉の意味がなんとなくわかるような気がしてきた。

恋愛(恋人時代)は2人だけの問題で、
自分たちの社会的な立場や家族の問題とは無縁でいられる。
「ただひたすら楽しもう!面倒になりそうなことには目をつぶろう!」と
いう気持ちでも、なんとなくやっていける。

でも、結婚となるとそうはいかない。
家族とのかかわりは絶対発生するし、社会の中でも「夫婦」という単位で見られる。
自分たちの中でも、相手の考え、相手の行き方…
すべてにおいて常に相手の存在を考慮に入れながら生きていくことになる。
その過程においては、やはり楽しくないことも、面倒なこともあるわけで。

だからといって、結婚が辛い、面倒なだけのものであるとはもちろん思っていない。
パートナーとは苦労を乗り越えてこその連帯感を感じることができるだろうし、
独身時代には味わえなかったいろいろなことを経験することができ、
それによって自分も成長できるはず。


「結婚してから半年くらい経って、やっと新婚気分を味わうことができた」とは、
10年ほど前に結婚した友達のセリフ。
たしかに結婚式前後はバタバタと忙しく、
ふたりでいる日々を楽しむどころではないのかも ^^;

「結婚式の準備はほんとに大変だったけど、当日はすっごく楽しかったよ!!」
という彼女の言葉を信じて、あと8ヶ月、がんばりますか~!
[PR]
by rick-rack | 2009-03-07 21:54 | 結婚準備

式場決定

先週から始めた式場選び。

2週にわたって3箇所を見学および検討した結果、
最初に見学した市内某ホテルに決定。
昨日ふたりで再びそのホテルを訪ね、内金を納めて
正式に予約してきました。

いろいろな条件を考える中で、結局決め手となったのは、
「担当者の印象」と「日取り(時間帯)」のふたつでした。

式場探しでもお互いの意見が常に一致するわけではないので、
いろいろと悩んだり、気になる点があったりはするのですが・・・。

最終的にはわたしの意見を尊重してくれた彼に感謝です。
大切にしなきゃなぁ~。

つい自分の意見を熱く訴えてしまうわたしに対し、
彼は自分の考えはあるのに、それを主張するのがどうやら苦手らしい・・・。
相手の様子を確認しながら相談をしていくことが、意識的に必要になりそうです。
[PR]
by rick-rack | 2009-03-01 21:39 | 結婚準備

男女が逆かも?

最近彼と話していると、
お互いの考え方の違いに改めて気づかされることが多い。

とはいっても、けんかになるほど大げさな話ではなく、
「へえ~~~~。そういうことを考えてるんだ!」と
新鮮な気持ちになるくらいのことなのだけれど。


例えば、式場を検討していたときのこと。

わたしは昔から「お姫様願望」というものがなく、
式での衣装も「和装が着たい」ということ以外は関心が薄かった。
ウェディングドレス(白)は定番だから着ておきたいと思うけど、
カラードレスについては全く興味がわかない・・・という感じ。

式場の衣装プランの限度額の設定についても
「新郎新婦合わせて100万円まで(レンタル)」という数字を見ても、
「ほんとにそんなに使うの~?余ったら、ほかの費用に回せないのかな~?」
と言うクールな気持ちでいた。

それらのことを彼に話したら、
「え~、女のひとはドレス着たいな~って思うものなんじゃないの?」
「衣装は写真でずっと残るんだよ。いいやつ選べば?」
など、わたしより気合が入った台詞が・・・。


それから、披露宴の演出の定番である「キャンドルサービス」や「ケーキ入刀」についても、
わたしはあまり意味を感じずにいて。。。どうしても必要なものなのかな?
という気持ちでいた。

それについても彼は、
「そういうのは定番なんだから絶対やるでしょ!せっかくのシャッターチャンスだし。
あんなにたくさんフラッシュを浴びるのは、結婚式か犯罪者になったときだけだよ!」
とやる気十分な様子。

わたしは自分でもこういう「女性が主役!」というイベントに憧れが少ないタイプだという
自覚があるつもりだったけど、
彼は彼で、一般的な男性の感覚よりも、こういうイベントに積極的になるタイプだったようだ。
普段は決して目立ちたいという願望はなさそうな人だけに、ちょっと驚いた。

男女の立場が逆転してるような気もするけど、
これで案外バランスが取れているのかもしれないな、などと思ったりしています。
[PR]
by rick-rack | 2009-02-23 21:42 | 結婚準備
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧