Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 104 )

帰省日記番外編~夏の地下鉄のささやかな仕掛け

帰省時。
出かけるときには、大抵地下鉄を利用します。
そうして、今回も何の気なしに乗車したときのこと。

ふと、

りーん りーん

と涼しい音が聞こえてきました。

「あ。風鈴!」
f0017510_1353099.jpg

いつ頃から始まったものなのかはちょっとわかりかねますが、
その昔、わたしが高校時代に地下鉄で毎日通学していたときにはすでに
夏になると風鈴が地下鉄の車両にぶら下がっていました。

札幌の地下鉄にはなぜか冷房設備がなく、
夏の間は、送風機、もしくは窓からの風で涼むのみなのですが、
この風鈴の音も、冷却効果になんとなく貢献してくれているような気がします。
[PR]
by rick-rack | 2006-08-16 13:01

夏休み4日目~めいっことのご対面

夏休み4日目。

兄夫婦のところに6月末に生まれた姪っ子に会いに行ってきました。
初対面です。

実際に会ってみた感想は・・・。

生まれてからまだ一ヶ月ちょっとですから、ほんとに小さい。
生まれたときの体重は約2700グラムと小さめだったのですが、
今では4キロ弱と順調に育っているとのこと。
それでも、うちのネコ(2歳)とほぼ同じくらいの重さですから・・・(笑)
やっぱり小さいな~という印象はぬぐえません。

顔については、う~ん、
両親のどちらに似ているか、というのがよくわからない顔。
わたしが訪ねたときはずっと寝ていたので、
ますます分かりにくかったのかもしれませんが。
わかったのは、耳が福耳でお母さん似(兄嫁似)ということくらいです。
(うちの兄は耳たぶがない、つるんとした貧乏耳なので)

あと、兄がぼそりと
「手相は似なかったんだよなー」とひとこと。
なんのことかと思ったら、わたしは知らなかったのですが
兄はいわゆる「ますかけ相」(頭脳線と感情線が一本)の持ち主だったのです。
25人に1人であらわれるらしく、なかなか珍しいものなんだとか。

・・・というより、兄よ、手相って遺伝するものなのか?
その発想自体がわたしには新鮮だったよ ^^;

そして、兄の家に滞在している間の2時間ほどの時間、
姪はずっと誰かのひざの上でぐっすりと眠り続けていました。

なんどもたらいまわしにされてひざの上を移動しても、
わたしが「起きて~。目を開けて~」といじってみても、
頑なに起きようとしなかった姪・・・。
わが姪ながら頑固というか。なかなか根性はありそうです。

もう少し経って成長して、
自分で歩いたりおしゃべりするようになったら
もっとかわいいんだろうな。
早く大きくなって、いっしょに遊ぼうね。
[PR]
by rick-rack | 2006-08-12 17:49

夏休み3日目~同窓会とススキノの夜

夏休み3日目。
夕方から、高校時代の部活の同窓会がありました。

約束の時間よりも30分も早く待ち合わせの場所についてしまったので、
会場近くにある中島公園をひとり散策。
札幌の歓楽街、すすきのから地下鉄で一駅という近さにもかかわらず、
池には鴨が泳いでいたりして、なかなかのどかな風景がみられます。
f0017510_2555676.jpg
f0017510_341437.jpg


中島公園にくるなんて、何年ぶりだろう・・・。
10年以上前のことなんだとは思うのだけれど、ちょっと思い出せない。

同窓会は60名ちょっとの参加。
ウチの高校が高等女学校だった時代からある部活だけに、
参加者の年代もかなり幅広いです。

そして、一番若い現役高校生もオブザーバーとして3名参加。

「スカート短いよねー」
「(セーラー服の)スカーフの結び方、あれってわたしたちのころは先生に怒られたよねー」
などと、いちいち服装チェックをしてしまうあたりで、
自分たちと現役高校生との距離を感じずにはいられませんでした(笑)。

それもこれも、わたしたちが高校生の頃は、
とっても服装にうるさい学校だったんですものー。
逆に今の校風は、「かなりゆるい」んだそうです。
あの頃いた先生も、もうほとんど入れ替わっちゃったしね。仕方ないか・・・。

同期の友人はわたしを含め4名参加していたのですが、
なかには卒業以来の再会だったひと(女子)もいて。
それも、すっごく綺麗になっていて、名札が無ければ全然誰だかわからなかった・・・。
話をしてみると相変わらずの彼女でほっとしましたが、
いやー、女の子って綺麗になるものですね。ほんとにびっくり。

ご歓談のあとには、合唱部らしくみんなで合唱曲や校歌をハモって終了。
高校生のころのようには声が出なくてもどかしい思いもしましたが、
でも、やっぱり歌うって気持ちいいことかも・・・と改めて思いました。

その後はすすきのへ移動して2次会(お酒)、3次会(お酒)、
とどめに4次会(コーヒー)。
朝の3時すぎの解散まで、しっかり堪能させていただきました。

中でも、2次会から3次会へ移動する途中。
アイスが食べたい、という先輩に賛同してみんなでコンビニへ行った時のこと。

「○○がおごってくれるんだってー」「やったー!」
「食べたいアイス、かごに入れちゃえ~」
「あたしガリガリくん!」
「しらゆきだー。なつかしーね」

などと、高校生のようにワイワイ言いながらアイスを選ぶのは
とっても楽しかった。
もうみんな年齢的には30オーバーのいい大人なのに(笑)
こんなふうにはしゃぐことができるなんて、なんだか新鮮でした。

また、高校生当時は学年がひとつ上なだけでも
「先輩なんだからちゃんと接しなくては!」と緊張したり、
それが二つも離れてしまうと「うわー、大人だー。近づきがたい」と
思うものだったのですが、今の年齢になってしまえば
一つや二つの年齢差で昔ほど緊張することもなくて。

高校時代には緊張したり遠く感じたりしてほとんど話すことの無かった
先輩方とも、いろいろと会話ができるようになったことが、
とても楽しかったと同時に、感慨深かったりもした夜でした。
[PR]
by rick-rack | 2006-08-10 23:45

夏休み2日目~10年ぶりの再会

夏休み2日目。

つい先月、約10年ぶりに連絡が取れた友達と再会しました。

もともとは小学校&中学校の同級生で当時はとても仲良くしていたのですが、
中学のときに同じ市内でしたがお互いに家を引越してしまい、
さらに高校も別の学校になってしまってからは年に一度会うか会わないか。
大学生の頃に最後に会ったのは、たぶん20歳になったかならないかくらいで、
就職してからは連絡を取ることがないまま、時が過ぎて行き・・・。

けんかをして連絡を取らなくなったというわけでもないので、
「今頃どうしてるかな~」とときどき思い出していただけに、
今回連絡が取れたことは本当に嬉しかったのです。

今回のわたしの帰省にあわせて会う約束をしたものの、
なにしろ10年ぶりなもので・・・待ち合わせしてもお互いに気づけるかな?
などと色々心配していたのですが、
実際に彼女が現れると、すぐに「あ。Aちゃんだ!」とわかりました。ほっ。
大人になって、お化粧もして綺麗になっていたけれど、でも、案外わかるものです。

それから彼女の案内で、感じのよい和食やさんへ移動。
さらにその後は彼女の自宅へ場所を移して、夜遅くまでいろんな話をしました。

20歳からの10年は・・・
たぶん、人生のなかでももっとも生活の変化が激しい時期。

お互いに全然別の場所で、全然違う仕事をして、全然違う恋愛もして。
でも、中学生の頃にあれだけ仲良くしていただけあって、
ひととしての考え方や趣味思考は、ふたりとも大きくずれることは無かったよう。
10年のブランクがちっとも気にならないくらい、
リラックスしておしゃべりすることができました。

中でも面白かったのは、雑誌「ku:nel」について。
わたしも毎号欠かさず買っているし、
彼女にいたっては定期購読しているくらいお気に入り。
「あの号のあの記事、よかったね」「クウネルくん、いいよねー」
「ムクネルくんは羊なの?」「川上弘美さんの連載も好き~」
などなど、たいへん盛り上がりました。

このほか、彼女の自宅のダイニングテーブルには
わたしも見に行った映画「かもめ食堂」のパンフが置いてあったり、
リビングの壁にはわたしも大好きなミシュランのビバンダムのポスターが
飾ってあったり・・・。

「昔仲が良かっただけあって、本当におんなじ趣味の方向に進んでるね~」
とお互いにしみじみ。

また、彼女は昔からとても性格のいい素敵なお嬢さんだったのですが、
子供の頃の明るくて親切なところをそのまま持って大人になっていたところが、
とても嬉しかったです。

10年の時を経て、こうしてまた繋ぐことが出来た縁。
今度こそ、大切にしていきたいと思いました。
[PR]
by rick-rack | 2006-08-09 23:35

昨日の夕空

f0017510_22423736.jpg

昨日の会社からの帰途。
電車に乗っていたときから西の空にオレンジ色の綺麗な夕焼けが見えていて。
「わぁ~、明日は台風が来るというのに、きれいな夕焼け!」
なんて思いながら、のんきに眺めていました。

が。駅についてちょっと夕飯の買物などをしてから
バスに乗るために改めて外に出てみると・・・。

ビルの背景が、一面赤く染まっていました。
f0017510_22454943.jpg
f0017510_22455945.jpg


紅の絵の具を水で薄めて、それをペールブルーの画用紙に滲ませたような空・・・。
綺麗・・・というよりは、ちょっと不気味さすら感じるほど。

なんともいえない、異次元に紛れ込んだような不思議な光景でした。
[PR]
by rick-rack | 2006-08-09 22:49

夏休み1日目~カキ氷から玄米フレークシェイクまで

夏休み1日目。

午後に友達と待ち合わせをしてから、
まず最初は昨日の記事のとおりにカキ氷を食べにでかけました。

で、このお店。
f0017510_23221226.jpg


看板のとおり、本来はカキ氷屋さんというより、おやき屋さんなんです。

で、で、「おやき」について。

一般的に日本全国区では、長野県の名産のおやきが有名ですが、
北海道ではいわゆる「今川焼き」「回転焼き」のことを「おやき」と呼びます。
f0017510_23245541.jpg


おやきは通常、大きめのスーパーの店先に
臨時で販売されているのがよくある風景なのですが、
このお店はおやき専門店として住宅地という地味な立地にも関わらず
もう長年ここで営業していらっしゃいます。

これって、結構すごいことだと思うんですよね。
だって、ほんと~うに周りは静かなところで、地下鉄の駅に近いでもなく、
目の前に学校があるわけでもなく、、、
近所のひとがふらっと買いに来るくらい。
しかも商品の単価は70円~200円という安さ。

でも、この日わたしたちがカキ氷とおやきを食べている間にも、
ひっきりなしにお客さんの出入りがありました。
今でもしっかりと地元の方に愛され続けているようです。

そして、ここには珍しいおやきが。
「あんこ」「クリーム」「チョコ」あたりが
おやきではわりとスタンダードなメニューですが、
さらにそれに加えて・・・

f0017510_2330444.jpg

なんと中味が「照り焼きハンバーグ」! 一個100円。
小腹が空いたときには、ボリュームがあってなかなか良いです♪

そのほかにこの日食べたもの♪
[PR]
by rick-rack | 2006-08-08 23:53

涼しい一日

昨日、関東もやっと梅雨明けしました。
長かった~。

翌日の今日。
天気もよく、青空も見えて日差しもあるのに、
朝からとっても空気がさわやか。暑さを感じません。

なんといっても、かぜが涼しい~!
東京の夏にこんなに湿気を含まない空気を感じること、
これまでにあったでしょうか?

「まるで札幌みたい。」と思いながら
会社までの道のりを歩いていました。

夕方。
やはり、いつもよりも涼しいな~、
というよりも、半そでだと少し肌寒いくらいで。

そして、帰り道の途中で同じ札幌出身の友達に会った時には、
こんな会話が・・・。

わたし「今日涼しいよね~」
友達「札幌みたいだよね~」

!!!
そうだよね!わたしも今日ずっとそう思ってたよ!!

わたしだけじゃなかったんだ、そう思ったの。
そう思うと、なんだかとても嬉しいような、可笑しいような
不思議な気持ちになりました。

そして、先ほどのニュースによると、
東京の最高気温は27.9℃だったそう。

あれ??結構それでもあったのね。
・・・実際の札幌は、夏でももっと涼しいかも~ ^^;

今日の晩ごはん☆
[PR]
by rick-rack | 2006-07-31 21:03

夏休み計画

7月もそろそろ終わり。
8月は、いよいよ夏本番ですね。

わたしの勤める会社は7~9月の間の好きなときに
夏休みを申請してとるシステム。
例年は飛行機の安い9月に帰ることが多いのですが、
今年はめずらしく8月に夏休みを取り、実家に帰ります。

8月に帰るのは・・・えーと・・・5~6年ぶりくらいかな?

で、せっかくですから、8月のこの時期じゃないと
行けないところに行きたいのです。
それは、ビアガーデン♪

札幌の中心部にある大通公園では、
7月後半~8月のお盆前(盆踊りの会場となるので)までが
ビアガーデンシーズン。
前に行ったのは、たぶん学生時代のこと。
相当ご無沙汰しちゃっています。

で、大通公園もいいんだけれど、
今年気になっているのは、「北大」。

北海道大学 緑のビアガーデン

今年から、
8/1(火)~9(水)の期間に大学キャンパスで開催されるとか。
大通公園もいいけれど、たまにはちょっとめずらしいところで
乾杯してみたいなぁ~♪
[PR]
by rick-rack | 2006-07-29 11:15

若冲展

f0017510_2121312.jpg
先々週のこと。
上野の東京国立博物館で開催されている
「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」に出掛けてきました。

若冲とは、江戸時代に活躍した京都出身の日本画家、
伊藤若冲のこと。
そして”プライスコレクション”というのは、
アメリカの資産家のジョー・プライス氏による
日本画のコレクションのことを指します。

わたしが若冲のことを知ったのは、
恥ずかしながら、ほんの一月ほど前のことでした。
たまたま観ていたテレビ番組がきっかけ。

でも、その絵をみたとたん、ひとめぼれ。
「このひとの作品、好きだ!」って。
そういうときの感覚って理屈じゃないし、
そして、後から考えても、たいていハズレていないのです。

その日から数日後。
通勤のときにみかけた駅のポスターが、
こないだテレビで見た、若冲の作品に似ている・・・。
よくよくみると、まさしく「若冲と江戸絵画展」のご案内でした。

なんといいタイミング!これはぜひとも行かねば!
というわけで、いざ、上野の森へ。

つづきはこちら
[PR]
by rick-rack | 2006-07-25 21:22

予想どおり?

生年月日占い

突然ですが、占いはお好きですか?

「”当たるも八卦 当たらぬも八卦”だよ」
と大学時代の漢文学の先生がおっしゃっていましたが、
あまりムキにならず、そのくらいのスタンスで思えば
それなりに楽しいものだと思います。

で、この占い。
未来予想というよりも性格診断といった趣なのですが、
わたしに関しては、結構当たってる~。面白い。
今までの星占いや血液型占いとは
ちょっと違った角度のコメントが新鮮でした。

で、わたしの占い結果はこちら☆
[PR]
by rick-rack | 2006-07-25 19:41
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧