Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2月のどたばた ~その弐~ ちーちゃんの受難編

f0017510_16373086.jpg


新入りの子猫が我が家にやってきて、
ひとり戸惑いを隠しきれない方がいらっしゃいました。

そう、先住ネコのちーちゃんです。

彼女は初めて我が家にやってきたときには
実はまだ他に二匹の先住ネコが居たのですが、
彼らは伝染性の持病を持っていたため
ちーちゃんだけ別の部屋で隔離した暮らしを余儀なくされていました。

月日はながれ、その先住していた二匹が相次いで亡くなり
ようやくちーちゃんは家中を我が物顔で歩くことができるようになったのです。
それからはずっと、彼女が家族中の注目と愛情を独占状態でした。

が、ここにきてライバル登場。
しかもちーちゃんは自分以外の猫とまともに暮らしたことがありません。
案の定、nanaがきた初めの日は「う~っ」と唸って怒ってばかり。。。

まあそれでも、時間が経てばきっと慣れてくれるだろう、と
わりと楽観的に考えていたのです。
また、先住ネコがやきもちを妬くということも聞いていましたので、
いつもより意識して声をかけたりと気をつけていたつもりでした。

が。事態は最悪な方向へ。

もともと食べることにあまり執着がないちーちゃん。
子猫がいるストレスからか、ゴハンをほとんど食べなくなってしまったのです。
しまいには胃液を嘔吐し、ぐったりと元気がなくなってしまいました。。。

ちーちゃんが子猫をなかなか受け入れずに
イライラして機嫌が悪くなる、というところまでは想定していましたが、
まさか体調を崩してしまうなんて・・・。

もともととても元気な猫で、普段も我がまま一杯に振舞っていたので
精神的なことで具合が悪くなるとは全く想定していなかったのです。

それも、ゴハンを食べないとは致命的ではありませんか!

あわてて行きつけの動物病院へ連れて行くと、
やはりストレスで胃が荒れてしまったのではないかという診断。

その日は点滴を打って様子をみることになったのですが、
「子猫ちゃんはしばらく別の部屋に入れて、
二匹を離しておいたほうがいいでしょう」
といわれてしまいました。

かくして、ちーちゃんがうちにやってきたときと同じく、
今度はnanaが別室に隔離生活となることに。。。

しかし、結果としてはこれが効果てきめんだったよう。
少しずつですが、ちーちゃんもゴハンを食べるようになり、
今ではすっかり元気になりました。
ほっ。。。

そしてちーちゃんには部屋のドアを開けるという特技(?)があるので、
気が向いたときにはnanaがいる部屋のドアを開けて、
二匹で運動会&プロレスをして遊んで(?)います。

ちーちゃんが元気になってくれて本当に良かった。。。
(nanaはもちろん元気。毎日恐ろしい食欲でどんどん成長しています。)

そして、今回の出来事で、
血縁関係のない猫同士の多頭飼いの難しさ、
猫の性格の難しさをひしひしと味わったのでした。

わたしが浅はかだったよ。ごめんね、ちーちゃん。
f0017510_1784862.jpg

[PR]
by rick-rack | 2007-02-14 16:37 | 近況
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧