Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

風に舞いあがるビニールシート

f0017510_23422016.jpg「風に舞いあがるビニールシート」
森 絵都 著
文芸春秋
2006年5月





135回直木賞受賞作。
といっても、わたしがこの本を手に取るきっかけとなったのは、
childrenmammyさんのブログで紹介されていたのがきっかけ。

直木賞や芥川賞の受賞作だからという理由で
本を選んだことは、これまでにほとんどありません。
しかし、この作品についての読後感は、
「やっぱり受賞するだけあるなー」というものでした。

6つの短編小説集なのですが、やはり特筆すべきは
最後に掲出されている表題作でしょう。

短編作品という文章のボリューム以上に迫ってくる、
迫力や重さがありました。
読んでいて、ぐいぐい引きずり込まれる感じ。

タイトルの意味も、タイトルだけ聞いても全く内容が推測できなかったのですが、
作品を読むと・・・なるほど。納得。

久々に、ミステリーでもふわふわした恋愛小説でもない、
ドラマティックで骨太な小説を読んだという気持ちになりました。

軽く時間つぶしに読む本というよりは、
じっくりとその世界に浸って読んで欲しい作品です。
[PR]
by rick-rack | 2006-10-06 00:10 | 読書
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧