Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Yonda?

新潮文庫の100冊

夏休みの読書感想文を意識してなのか、
毎年この時期になると書店に平積みにされる「新潮文庫の100冊」。
なんと、1976年からはじまって、今年で31年目なのだとか。

その昔・・・高校生くらいの頃だったと思いますが、
「もしわたしが治らない病気で長い入院生活を送るようなことになったら、
100冊をセットで買ってくれる?」
と父にお願いしたことがあります。

あの頃は社会人の今と比べて自由に使えるお金が少なかったので、
読みたいだけ本を読める(買える)ということに憧れていたのでしょうね~。

で、それから10ウン年経過した今。
100冊中、今までに何冊読んでいるのかしら~と数えてみました。

100冊の内容は毎年少しずつ入れ替わっているのですが、
とりあえず2006年度のセレクションでみたところ・・・。



2006年7月30日現在、今までに読んだ作品数は、

24冊

でした。。。

自分で言うのもなんだけど、意外と少なかった・・・。
実は、いわゆる「名作」をあまり読んでいないんですよね。
特に海外文学。

なんと、2006年の100冊の中の海外モノで今まで読んだのは、
「赤毛のアン」(モンゴメリ)と「変身」(カフカ)の2作品のみ。

しかも「変身」は、高校時代の夏休みの読書感想文の課題図書の中の1冊で、
そのころ好きだった先輩が読んだ、という理由だけで選んだもの・・・。
(ちなみにその先輩が「変身」を選んだ理由は「一番薄かったから」なんだけど)

あはは~。
動機の不純さはともかく、かわいい高校生だったな~、自分。

今日は書店で
「六番目の小夜子」(恩田陸)と「思い出トランプ」(向田邦子)を買ってきました。
今年の夏は、何冊読み進められるかな?
[PR]
by rick-rack | 2006-07-30 20:54 | 読書
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧