Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただ、終わるのだ。

「ニシノユキヒコの恋と冒険」
川上弘美著
2003年11月
新潮社

「ニシノユキヒコ」という男性をめぐる、
10人の女性による、10の物語。

常に沢山の女性と関係をもちながらも、
生涯、一度も結婚することもなく、
誰かひとりに執着することもなく過ごした男性。

そんな彼は、当然、もててしかるべき条件を
(ルックス、社会的基盤、優男ぶりなど)
備えているわけで。
でも、付き合って半年もたてば、どんな女性も
彼の煮え切らない性格と根強い浮気心に愛想を尽かし、
「最終的結論」を彼につきつけて去っていくという。

・・・なんか。
すご~~くわかる。その彼女たちの気持ち。

わたしもそんな男性に出会ったら、
やっぱりカンタンに惚れちゃったりして。
万が一付き合うことになろうものなら
やはり半年後には自分から別れを切り出すんだろうな。
・・・でも、きっと嫌いにはなりきれないんだろう。
ずっと。一生。別れたあとも。

10あるストーリーで一番スキだと思ったのは「おやすみ」。
「ニシノユキヒコ」と三歳年上の女性(職場の上司!)とのお話。
その中で、自分から別れを告げて別れたあと、彼女が思うこと。

”なぜ自分からユキヒコを手放してしまったのだろう、と激しく後悔した。
 けれど、手放すだの終わらせるだのという考え方が
 間違っているのも知っていた。
 ただ、終わるのだ。ものごとは。”


うん、「終わらせる」のではなく、「ただ終わる」んだよね。

「恋はするものではなく、落ちるもの」と
江國香織さんの小説「東京タワー」で出てきていましたが、
まさにそれと対を為す言葉だなぁと思いましたのことよ。
[PR]
by rick-rack | 2006-07-20 00:41 | 読書
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧