Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

永遠のあこがれ。

f0017510_222997.jpg

〔奥〕  「京都ロマンス 加藤晃秀粋画集」(芸艸堂・1992年)
〔手前〕 「そうだ 京都、行こう」(淡交社・2004年)

本物の桜の花を楽しめるのは、一年のうちのほんのわずかな時期・・・。
桜が恋しくなると開きたくなる2冊です。

◇「京都ロマンス」

 日本画家の加藤晃秀さんの作品集。
 京都は祇園の四季が描かれています。

 どの季節もすばらしいけれど、やはり印象的なのは春の桜。
 幻想的なその風景は、実際に見たことはないはずなのに、なぜか懐かしい。

 京都生まれの加藤さんの描く古都は・・・必ずしも写実的な風景ではありません。
 ですが、写実的ではないからこそ、京都に生まれ京都に育ったひとにしか
 描くことの出来ない風景なのだと思います。

◇「そうだ 京都、行こう」

 JR東海・京都キャンペーンで製作されたポスターの写真&文を、
 およそ10年分まとめたもの。
 テレビCMでは、BGMの「マイ フェイバリット シングズ」のメロディと
 「そうだ 京都、行こう」のナレーションでおなじみのキャンペーンですね。

 ここでも四季別にまとめられているのですが、
 やはり・・・春の桜でピンク色に染められた風景は別格です。
 大覚寺、仁和寺、哲学の道、善峯寺・・・。
 写真やキャッチコピーの素晴らしさも手伝って、ものすごく魅力的にみえます。

f0017510_23531235.jpg

今回、手持ちの書籍で「桜」を連想する本を選んだところ、
たまたま2冊とも京都関連のものでした。
桜の時期の京都はまた訪れたことがありませんが、
一生のうちに一度だけでも、実際に自分の目で、五感で、
京都の桜を体感してみたいものです。
[PR]
by rick-rack | 2006-03-28 22:06 | 読書
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧