Rick-Rack


2009年に結婚。激動の一年でした。2010年もいい年になりますように。
by rick-rack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

無条件バトンに挑戦。

とってもセンスのいい日常を日々紹介してくださっている
childrenmammyさんのブログより、無条件バトンを拾ってきました。早速挑戦です。

<無条件でトキメク〇〇な3人>

・佐藤琢磨さん(F1ドライバー)
・高橋みどりさん(スタイリスト)
・向田邦子さん(脚本家・作家)

<無条件でキライなもの3個>

・いわゆる絶叫マシーン
・ガムをかむ音(舌をチッチッと鳴らす音も同様)
・身体的に痛そうな映像および描写

<無条件でお金をかけられる〇〇なもの3つ>

・大好きなひとの本(例えば上の3人など)
・シリーズで集めている本(つづきものなど)
・その他、洋服でも雑貨でもどうしようもなく一目ぼれしたもの

<無条件で好きなもの3つ>

・猫
・おいしいごはん
・家族をはじめ、日々わたしを支えてくださっている方々

<無条件でバトンを受け取ってもらう人3人>

バトンはここにおいておきますので、興味のある方はどうぞ♪




<無条件でトキメク〇〇な3人>

・佐藤琢磨さん(F1ドライバー)
もうホントに一目ぼれでした。その後彼について詳しく知れば知るほど、
彼に対する尊敬と憧れに確証をもつことに。
今の時代に生まれて彼を応援することができることがとても幸せです。

・高橋みどりさん(スタイリスト)
スタイリストといっても、ファッションではなく雑貨やフード関係の方です。
お仕事ぶりももちろん素敵ですが、彼女のエッセイや私生活の暮らしぶりは
さりげなくセンスがよくて、本当に憧れます。
雑誌クウネルで連載されている「伝言レシピ」も、毎回とってもおいしそう♪

・向田邦子さん(脚本家・作家)
昭和に生まれ、昭和に散った向田さん。
わたしの世代的に向田ドラマはリアルタイムで記憶がないのですが、
「父の詫び状」で有名なエッセイストとしての才覚、私生活のたたずまいなど
今の時代からみても全く古臭くなく、魅力的な女性です。
容姿の点でもとても美人で、初めて20代の頃の写真を見たときには失礼ながら驚いたほど。
生涯独身で、青山のマンションに猫と一緒にひとり暮らし。仕事もバリバリこなした彼女。
酒井順子さんの著書「負け犬の遠吠え」でも
「負け犬(未婚・30代以上・子ナシ女性)のあこがれ」として紹介されていますが、
それを読んだときにはなるほどね~と納得でした。

<無条件でキライなもの3個>

・絶叫マシン
子供のころ、おたる水族館の遊園地エリアにあった小さな小さなバイキングの
「はじっこ」の位置に乗ったときから、高低差のあるところを行ったり来たりする
遊具が全くダメになりました。
胃が上下する感覚が気持ち悪くてぜーったいダメ!
大人になってから一度だけ乗ったフリーフォール、恐怖で思考が停止しました。
もう絶対乗らない。

・ガムをかむ音(舌をチッチッと鳴らす音も同様)
特に電車の中などの閉鎖的な空間で聞くと、ものすごく神経を逆撫でされます。
ガムをかむときや飴をなめるときに音を立てるの、ホントにやめてほしい・・・。

・身体的に痛そうな映像および描写
グロテスク系なホラーは苦手。見ていられません。
「ハンニバル」のラスト近くにある脳みそのシーンなんて、とても無理でした。
あと、単なるお話でも痛そうな話はイヤ。つめがはがれた話とか。

<無条件でお金をかけられる〇〇なもの3つ>

・大好きなひとの本(例えば上の3人など)
上の3人以外では、作家さんでは江國香織さん、よしもとばななさん、銀色夏生さん、
宮部みゆきさん、などを読むことが多いです。
あとは堀井和子さんや大橋歩さん、藤田香織さん(書評家)、石田ゆり子さん(女優)
などのエッセイも好き。
漫画家では西村しのぶさんの作品は新刊が出るとつい買ってしまいます。

・シリーズで集めている本(つづきものなど)
これはもう、ある意味A型的な執着や几帳面さもあるのかも。
特に漫画なんかはそうですね。
(先日は「カッパの飼い方」の6巻を買ってしまいました<kippyieさん^^)

・その他、洋服でも雑貨でもどうしようもなく一目ぼれしたもの
本当に気に入ったものなら、多少金額的に無理をしても買ってしまいます。
反対に妥協して買ったり、安いという理由だけで選んだものは
結局あまり使うことなく処分することが多いので・・・。

<無条件で好きなもの3つ>

・猫
猫以外の動物でも大抵は好きですが、それでもやはり猫は別格です。
実家ではわたしが小学校にあがる少し前から猫を飼い始め、
その後今に至るまで代替わりをしつつも猫と暮らさなかった時期はほとんどありません。
今でも猫と一緒に暮らしたいと思いますが、ひとり暮らしという都合上、
あきらめざるを得ない状況です・・・。
その分、実家に帰ったときには思いっきり猫との時間を堪能します。

・おいしいゴハン
実家を出てひとりで暮らしはじめてから、食べることの重要度がとても増した気がします。
量も質も適度に無理なく食べる、というのが理想。
外食もおいしいけれど続くとすぐに飽きるので、今は昼食以外はもっぱら自炊です。
ル・クルーゼの鍋を去年買ったこと、引越してキッチンが使いやすくなったことから、
最近は料理をすることが以前より楽しくなりました。

・家族をはじめ、日々わたしを支えてくださっている方々
ひとはひとりでは生きてはいけない、と思います。
子供のころから大切に育ててくれた両親。
これまで生きてきた中で、本当につらくしんどいときに支えてくれた友達。
そしてインターネットを通して知り合えた方々。
本当にありがたいなぁと思っています。

・・・長々と書きましたが、ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

普段なんとなく思っていることを「3つまで」と絞る作業が案外難しく、
書き終わるのに2日かかってしまいました。
好きなことや嫌いなことについては挙げればキリがないのですが、
2006年3月現在のわたし、ということで、この内容になりました。

内容については、たとえば、あと数年経つと変わる部分もあるんだろうなぁ。
またある程度期間が経ってから読み返しても面白いかもしれませんね。
[PR]
by rick-rack | 2006-03-01 16:33
カテゴリ
以前の記事
おしらせ
*トラックバックについて

 送信元記事に
 このブログへの
 リンクが存在しない
 場合はTBを
 受け付けません。
 (エキサイトブログ
 以外)
 ご了承ください。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧